口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

怪我をしていると脱毛できない?

    

無理なことをしただけでなく、日常生活を送っているだけでも怪我をしてしまう事は誰にでもあります。

ではその場合、脱毛の施術を受ける事は出来るのでしょうか。

それともやはり肌に何らかのトラブルがあるという事になるので、施術は出来ないと判断されてしまうのでしょうか。

 

 

 

傷は色々な時に出来てしまいますが

例えば、施術を受ける前に自分のムダ毛をカミソリで処理している時、カミソリ負けを起こしてしまう事は誰にでも有り得ます。

ただ、実際にクリニックなどでは傷跡がある場合はその部位は避けて施術を行うという事になっています。

傷跡が色素沈着を起こしている場合、肌トラブルを起こす原因となり得るからです。

色素沈着は肌を守る為にメラニン色素が生成される事によって起きる現象です。

肌の新陳代謝によって徐々に改善して行くと言う事も少なくないのですが、その色の濃さによっては、また人によっては、そもそも新陳代謝自体が正常に行われないと言う事も珍しくありません。

その場合に色素沈着がそのまま残ってしまうと、肌の一部の色が通常の肌よりも濃い状態になってしまいます。

光やレーザーを利用する場合、照射する光・レーザーは濃い色に反応します。

つまり、色素沈着している部分に反応しやすくなるということです。

それによって光・レーザーが反応してしまって火傷を起こす可能性が出てきます。

その為、傷がある場合は基本的には施術を避けると言うのが一般的でしょう。

 

怪我をしている場合はどうなるのだろうか

傷跡ではなく、まだ怪我をしたばかりの場合、光やレーザーを照射することによってより状態が悪化してしまったり、傷の治りが悪くなってしまう事は珍しくありません。

したがって、まずは状態の悪化を防ぐ為に、気になるトラブルが発生している時は施術を行わない、その部位を避けて施術を行うと言うのが一般的となっています。

ただカミソリで少し肌に傷がついてしまっただけとか、転んで皮が少し向けてしまっただけで痛みも殆ど無いという場合もありえます。

その場合はその部位に光・レーザーを照射しても問題が無いと判断された場合は施術を受ける事が可能です。

ただ、どれ位の状態でも施術を受ける事が出来るかというのは、その施設によっても対応が大きく変わってきます。

だからすべての所で施術を受ける事が出来る訳でもないし、出来ないわけでも有りません。

 

施術を受ける事が出来ないと判断したら

施術を受ける事が出来そうにないと言う時は、まずは予約変更の連絡を施設の方に伝えなければなりません。

ただその施設によっても対応が変わりますが、当日のキャンセルの場合は1回消化したと判断されてしまう事もあるので注意が必要です。

出来るだけキャンセル料を発生させないようにする為にも、まずは患部の状態を見てから施術を受けられなさそうだと判断したら、直ぐにキャンセルの連絡を入れます。

キャンセルする場合はなるべく早ければ早い方が無難です。

前日までのキャンセルであればキャンセル料を請求されないで済む場合も有るからです。

 

脱毛に通っている期間中に途中で、もしかしたら怪我をしてしまうということは誰にでもあるでしょう。

その場合の傷の程度は人によっても違い、もしかしたら施術を受ける事が許可される事も有ります。

ただ既に肌には傷が出来ていると言うことで、大きなダメージを受けていると言う可能性も否定できません。

確かにムダ毛を綺麗に処理してもらいたいので、施術をキャンセルするのは避けたいと言う気持ちも出てくるかもしれませんが、施術を受ける事で肌に余計な刺激を与え、結果的に大ダメージを与えてしまう可能性も出てきます。

無理に施術を受けようとするのではなく思い切って肌を休めてあげるというのも、今後の肌にとっては良い事だと言えます。