口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

脱毛サロンに途中で通わなくなったときは返金対応してくれる?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/10
    

脱毛サロンには完了するまで通い続けられることが理想的ですが、何らかの理由で通わなくなってしまう人も少なくありません。そんなとき、支払ったお金を返してもらえるのか気になるところです。今回は、サロンに通えなくなった場合の返金と対応策について考えていきます。

妊娠が発覚した場合はどうなるのか

脱毛サロンには長期間通うことになりますので、体調を整えておくことも大切です。生理日や発熱があるときなどはキャンセルすることもありますが、妊娠が発覚した場合は長期に施術を受けることができなくなってしまいます。施術に使う光やレーザーは胎児に影響がないといわれているものの、妊娠中は体調も変化しやすいので避けることが基本です。

長期に通えなくなると退会して、返金の手続きも考えていきたいところですが、多くのサロンは妊娠した場合の休止制度も用意されています。こうした制度を利用すれば、出産後に体調が整えばまた再開することができます。妊娠が原因で解約を考えているのであれば、まずは休止制度が活用できるかどうかを相談してみることがおすすめです。

引っ越しで通えなくなるという人もありますが、全国展開しているサロンなら、引っ越し先の近くに系列のサロンがあればそのまま施術を続けられることも多くなっています。

契約したばかりならクーリングオフが使える

脱毛サロンに申し込んだものの、冷静に判断してやはり今はやめておこうと考える人もあれば、別のサロンにも相談してみたいという場合もあります。とはいえ、すでに支払いをした場合は返金に応じてもらえるのかどうかも気になるところです。

まず、エステサロンの契約の場合はクーリングオフが利用できますので、契約してすぐなら活用してみましょう。契約した日を1日目として8日以内ならすでに施術を受けている場合でもクーリングオフが適用されます。この場合も1ヶ月を超える契約期間であることや、5万円以上の契約であることが条件です。

中途解約の場合も返金に応じてくれるサロンは多くなっていますが、この場合は違約金が発生する場合もありますので、そのこともよく確認しておきたいところです。

月額制のサロンなら好きなタイミングでやめられる

回数制のサロンを選んだ場合、途中解約するとなるとさまざまな手続きが必要になりますし、違約金が発生することも珍しくありません。こうした手間を省くためには、まずは長期間安心して通えるサロンを選ぶことが大事です。施術内容や料金、通いやすさや導入しているマシンなど細かな部分までしっかりと比較して決めていきましょう。

そして、脱毛サロンも回数制のところもあれば、月額制のところもあります。月額制の場合は、まとまった初期費用を支払う必要がなく、毎月同じ金額を支払い続けることになります。回数にも特に制限がないところも多く、好きなだけ通うことができますし、本人の好きなタイミングでやめることもできます。

この場合であれば返金や解約手続きの手間についてもあまり考えなくてもよいということがメリットです。長期に通う自信がないという場合は、月額制のサロンから選んでみるのもおすすめです。

 

脱毛サロンには長期に通い続けることになりますが、引っ越しや妊娠などで通えなくなる人もありますし、別のサロンに乗り換えたいと考える人もいます。妊娠の場合は休止制度があることがほとんどですので、まずは相談してみましょう。

契約直後ならクーリングオフが活用できますし、中途解約の場合も返金はありますが、違約金などについてもよく調べておきたいところです。中途解約の不安がある場合は、好きなタイミングでやめられる月額制のサロンを選ぶことも考えてみましょう。