口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

脱毛するなら知っておきたいヘアサイクル(毛周期)

    

脱毛するなら知っておきたいヘアサイクル(毛周期)

 

これから脱毛に通おうと思っている方で、ヘアサイクル、または毛周期についてまだ情報不足の方もいるかもしれませんね。
脱毛の施術が長期戦になってしまうことを納得するため、さらに効率よく施術を受け続けるために、このヘアサイクルについて理解しておきましょう。
そして、脱毛の施術を完了してつるスベ素肌を手に入れ、沖縄でおしゃれに過ごしましょう。
では、ヘアサイクルについて、ご説明しますね。

 

ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは髪が生え、そして抜けるまでの周期のことをいいます。
私達の髪の毛は一本一本それぞれが別々のヘアサイクルを持っています。
もしも全部一緒であれば、一気に全部抜けてしまって、大変なことになってしまいますね。
実際のところ、あまりはっきりとした数字はないようなのですが、私達の髪の毛は1日に50本から100本ぐらいは抜け落ちていると言われています。
もっと抜けているような気がする人もいれば、そんなに抜けていないという感じの人もいるかもしれませんね。
髪が長い人は一本が長いので、そんなにたくさん抜けていないのに抜けているような気がするかもしれませんね。
ただし、中にはギネスに載るようなとても長い髪の人がいます。
髪のヘアサイクルは3年後から7年前後といわれます。
ですから、そのような方はなぜ5mとか7mとかまで髪が伸びたのか、その原因はわかりませんが、例外なのでしょう。
そして、 このヘアサイクルに合わせて脱毛の施術は行われます。

ヘアサイクルの3つの状態

ヘアサイクルには3つの状態があります。
それは「成長期」、「退行期」、そして「休止期」です。
では一つ一つチェックしていきましょう。

【成長期】
髪は1か月では 1.2cm程度と言われています。
もう少し伸びるような気がする人もいるかもしれませんね。
このようなことは個人差があることです。
そして、3年から7年前後のヘアサイクルに合わせて、自然に抜け落ちます。
抜け落ちやすくなった状態に入った時に、洗髪をしたりブラッシングをしたりして、抜けてしまうこともあるでしょう。
今、生えてる毛の90%くらいがこの成長期に当たるそうです。
髪を長く伸ばせる人はこの成長期が長いのでしょう。
ちなみに、薄毛になる人は、この成長期の期間がとても短くなってしまいます。
3年から7年あるはずが、数か月から1年ぐらいになってしまいます。

【退行期】
成長期が終わった後、ヘアサイクルは退行期に入ります。
髪の成長が止まります。
この退行期の期間は2~3週間です。
長いヘアサイクルのうち、この退行期という期間はかなり短いですね。
髪全体のたった1%がこの退行期にあたります。
水分少ないですね。

【休止期】
抜け落ちる時期に入ります。
この位置が浅くてなってきて、抜ける準備が整っていきます。
そのような状態で、新しくできてきた髪によって古い休止期に入った毛が押し出されたり、ちょっとした刺激で抜け落ちたりして髪の寿命を終えます。
髪全体の約10%がこの休止期の状態になります。

脱毛はこのヘアサイクルに合わせる

脱毛の施術はヘアサイクルの3つの状態のうちの成長期の毛にレーザーなり光脱毛形を当てたりしなければ効果を出せません。
今見えている毛の90%は成長期ですが、一本一本にヘアサイクルがあることを忘れてはいけません。
生えてきたたばかりのとても若い成長期の毛もあれば、明日には退行期に移行する、寿命の近づいた毛もあるでしょう。
脱毛の施術を受けるには、ヘアサイクルに合わせて受けなくては十分に効果を出すことが難しいです。
せっかくをお金と時間をかけて通うのですか、ベストタイミングで施術を受けたいところですね。
そのために多くの脱毛サロンや医療クリニックでは、脱毛間隔を3か月くらいあけて予約を取るように言われますね。
早く脱毛を完了させてキレイな素肌を手に入れたいのに、3か月に1回と言うのはとても少ない感じがするでしょうけれど、こればかりは仕方がありませんね。
是非ヘアサイクルを理解して、効率よく脱毛の施術を受けて、沖縄の自然を楽しんでくださいね。

 

 

ランキングはこちら