口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

脱毛の素朴な疑問「ほくろがあると脱毛できない?」

    

脱毛の素朴な疑問「ほくろがあると脱毛できない?」脱毛初心者さんの中には、肌の黒い人や、シミやそばかすがあまりにも多い人は脱毛ができないというようなことを聞いたことがあるのではないでしょうか。
その原因として、医療クリニックや脱毛サロンの脱毛器はメラニン色素という黒っぽい色に反応するからだと聞いて、多くの方が一度は自問自答したのではないでしょうか。
自分は大丈夫だろうかと。
深刻に悩む方の中には、脱毛したい部位に大きなほくろがあるとか、ほくろが生まれながらに多いという方もいるでしょう。
大抵のほくろはシミやそばかすよりも小さいかもしれないですが、色は濃く、はっきりとしています。
真っ黒に近いほくろもあれば、焦げ茶くらいの色のほくろもあります。
また、かなり薄いホクロもありますね。
このようなホクロがある方は、脱毛はできるのでしょうか?それともできないのでしょうか?沖縄でほくろがあってちょっと悩んでいる方に安心していただきたいので、その答えをご説明します。

医療クリニックではほくろがあっても照射できるレーザーもある

ほくろにはレーザーや光脱毛をあてることができないというのは間違いはありませんが、脱毛ができないと悩む必要はまずないでしょう。
医療クリニックにあるレーザーの中でも アレクサンドライトレーザーのように、ホクロやしみそばかすがあっても使えるレーザー脱毛器もあります。
逆にこの医療クリニックのアレクサンドライトレーザーは元々美肌のために使われるレーザーなので、ほくろ薄くする効果も望めるかもしれません。
もしも、お気に入りのほくろなので消したくないのであれば、あらかじめ施術をするスタッフやサロンに言っておくと良いでしょう。

脱毛サロンではほくろにシールを貼る

しかし、そのようなレーザーがない脱毛サロンでも、ほくろにシールを貼れば、黒い色を隠すことができますので、脱毛が可能になります。
このシールにはお金はかからないでしょう。
このシールは保護テープとかマスキングテープなどと呼ばれています。
そのサロンによって違うようです。
脱毛サロンではほくろの対応の仕方はこのように、シールなどをはって隠して対応します。
ですから、ほくろは問題ありません。
ほくろに毛が生えている場合もありますよね?1本だけ生えているパターンもあれば、結構大きなほくろで、普通に産毛みたいな毛が生えているパターンもあるでしょう。
このほくろに生えてる毛も脱毛したいと思えば、医療クリニックではニードル脱毛やアレクサンドライトレーザーで脱毛することができます。
医療クリニックであれば、そのほくろに異常があるかないかもチェックしてくれるでしょう。
ほくろだと思っていて箱でないというパターンもないわけではありません。
ですから医療クリニックでチェックしてもらってから脱毛するならば、安心できるでしょう。

ほくろを除去してしまうという方法もある

医療クリニックではほくろを薄くするアレクサンドライトレーザーがあり、これで脱毛することによってほくろが薄くなることがあるのですが、いっそのこと、ほくろを除去してしまうこともできます
そのほくろが特にチャームポイントになっているとか、気に入ってるのでなければ、ほくろ除去してもらうという方法もあります。
これはクリニックのほうでも提案してくれるかもしれません。
なおほくろを除去するためのレーザーは、脱毛に使うレーザーと同じものではなく、炭酸ガスレーザーです。
ほくろがあっても脱毛は問題なくできます。
脱毛サロンではほくろにシールを貼ってほくろを隠して脱毛行います。
医療クリニックでは、やはり同じようにシールでほくろを隠すしたりもしますが、医療クリニックにはほくろやシミそばかすなど黒っぽい皮膚にも照射できるレーザーを装備しているところが多いです。
また、医療クリニックではほくろそのものを除去してしまってもできます。
このようにほくろは脱毛の手術を受ける時の問題にはならないでしょう。
ほくろが多い沖縄の方も安心できますね 。

 

 

ランキングはこちら