口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

脱毛サロンの勧誘で注意しておきたい、店員の危険なキーワードとは?

    

店員の危険なキーワード

 

沖縄には素敵な脱毛サロンが沢山あります。
大手サロンだけでなく、実は沖縄はご当地サロンが豊富にあるエリアです。
地元密着型サロンが多い理由は、沖縄女子の美意識の高さにあると言えるでしょう。
そんな沖縄の脱毛サロンでもサロンで無料カウンセリングを受けると勧誘されることがあります。
ここではその時の店員さんが発する危険なキーワードについて解説していきます。
こんなことを言われたら要注意です!

 

 

無料カウンセリングは脱毛サロンの情報を引き出す戦場!

何やら物騒な言い方ですが、最近では脱毛サロンでも強引な勧誘はめっきり減りました。
その理由は今から数年前に(今のように格安な脱毛サロンが大規模拡大する前です)、脱毛サロンの強引な勧誘が国民生活センターで問題化され、裁判沙汰になるケースも増えた時期があります。
今では想像もできない話ですが、実際にそんな時代がありました。
その後サロンでは監督・指示を受けてお客様にはクーリングオフ制度(どんな条件でもお客さんが解約したかったら所定の日時の間なら解約できる制度)を導入したり、契約前には解約条件や無理な営業をしないといった取り決めが行われるようになりました。
その後SNSの発達や口コミサイトが隆盛になるにしたがって、徐々に強引な勧誘はめっきり減りました。
それは当然のことでしょう。
1回でも強引な勧誘や不愉快なことがあれば口コミサイトが炎上する可能性もあるので、脱毛サロンも必死です。
そして脱毛1本だけに絞ったサロンは戦略を変えてきました。
それは「勧誘をしない」という方針です。
これにより初心者はだいぶ利用しやすくなったはずです。
しかし今でも無料カウンセリングに行くのはドキドキします。
強引に勧誘される、購入させられないだろうか、という不安です。
それなら行かなきゃいいんですが、それでも行くのは女子心というものです。
無料カウンセリングはいわばそのサロンを測る物差しです。
そこでのスタッフの対応で、親切で丁寧なサロンか、解約や何かトラブルがあった時どういう対応をしてくれるのか、料金の払い方やキャンセル料、追加料金の有無などすべてがわかります。
逆に言うとそれらが全部理解できないと無料カウンセリングの意味はありません。
自分もしっかりしてそのような内容を引き出すことが大切です。
脱毛初心者女子にとって無料カウンセリングは戦場なのです!

こんな言葉は絶対無視!こんな危険なキーワードに注意しよう

スタッフの方がよく言うキーワードに「今なら期間限定で〇〇%オフ」とか「本日契約するともれなく〇〇が無料」といった言葉です。
オフや無料という言葉に弱い女子は少し反応するかもしれません。
実はカウンセリングの日に契約するのが最もまずい方法です。
もちろん事前に念入りに調査した結果、無料カウンセリングの内容が自分の考えと合っていたといった方なら心配に及びません。
ところがどんな施術をしてくれるのか、どんな金額に総額なるのか、といったこともよく理解しないうちに『雰囲気』だけで『何かお得かも!』と思うことが非常にまずいのです。
スタッフの発言で注意したいのが「期間限定でキャンペーンをしている」「先着〇〇名様まででお客様が最後の一人です」といったセリフです。
オフや無料というキーワード以外にこのような話をしてくる場合は、強く『一旦自宅で考えて契約するかどうか決めます』としっかり発言してみましょう。
その理由はいくら月額が安いからといっても総額でいくらかかるかわかっていますか?途中で止めたらいくら戻ってくるのでしょうか?一時的にキャンペーンだからといって契約してしまっても、総額ではさほど変わらない(総額で6,000円とか10,000円とか)なら、やはりよく考えてから結論を出すべきです。
先方もプロなので巧みなからくりで収益を上げられるような仕組みにしています。
急いで契約するための必殺キーワードてんこ盛りだということを忘れないようにしましょう。
一旦帰宅して、約款をよく読んでから契約するようにしましょう。

ランキングはこちら