口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

コスパの良い!安心価格の沖縄の脱毛サロンの選び方

    

コスパの良い!安心価格の沖縄の脱毛サロンの選び方

沖縄の脱毛サロンには色々なタイプのサロンがあります。
これは全国どんな場所でも同様で、チェーン展開しているサロン、ご当地サロンなどスタイルは様々です。
でも本当にコスパがよくて安心できる価格で施術が受けられるサロンはあるのでしょうか?
やはり大規模展開している大手サロンのほうがコスパは良いのでしょうか?そんな疑問に答えるために、ここではコスパが良くて安心して通える沖縄の脱毛サロンの選び方について解説します。
沖縄で脱毛サロンを選ぶ目安にしてください。

 

沖縄は全国でも違う脱毛サロン展開をしている場所

沖縄は一年を通して温暖な気候です。
そのため薄着になる機会も多いエリアですが、実は沖縄の女性は若いころから日焼けを避けるようにしているのだそうです。
その証拠に湘南や関東圏でよく見る海水浴では若い女性がビキニを着てガンガン日焼けしているのを見かけます。
ところが沖縄は年中温かいので海遊びも可能ですが、大人の女性は多くがTシャツを着て海に入っている光景を見かけます。
もちろんここぞという時は水着を着るようですが、普段入る時はとても気を使っているとの声も聞きます。
そんな美意識の高い沖縄の脱毛サロン事情は少し全国の都市部とは異なるようです。
それは大手脱毛サロンもたくさん出店していますが、多くがおもろまち周辺に集中しています。
つまり通うことになった場合多少不便だということです。
ではどのようなサロンが人気になっているかというとご当地サロンが多く展開しています。
例えばユニバーサルというサロンは沖縄だけでも7店舗、ミートゥーも同じ7店舗展開しています。
地方都市でも中央に近い都市でも、地域密着型の脱毛サロン展開がこのように多いのは沖縄の特徴の一つです。

ご当地サロンなら格安でコスパが良い脱毛料金

地方都市に行くと、大手脱毛サロンのコストよりはかかってしまうのが現状です。
それは大手サロンなら組織力と資金力を生かして、ぎりぎりまでコストカットをしても高品質で低価格なサービスを実現することが可能だからです。
例えば脱毛機でも数を導入することで原価率(導入価格)を大幅に下げることが可能になります。
少ない台数しか導入しないなら、原価にかかるコスト(この場合はマシン導入や備品類)は下げにくくなります。
その結果が如実に脱毛料金に跳ね返ってきます。
中小の脱毛サロンが弱い理由はそこにあります。
施術自体や回数は大手に引けを取らないのに、そもそもの原価率が悪いのでなかなかコストが下がらないという訳です。
ところが沖縄は少し事情が違います。
コスパが良いと従来言われてきたキレイモ・脱毛ラボ・銀座カラーの3大脱毛サロンの全身脱毛のコストはほぼ20万前後を推移しています。
銀座カラーがかろうじて20万以下の設定になっているはずです。
しかしご当地サロンだと12回(全身12回が一般的回数)の施術料金がミライなら105,600円、クレア167,520円、ラプリンセス180,000円と大手サロンよりも低い料金で設定されています。
また先ほどご紹介したユニバーサルは部分脱毛が専門なので例えばヒザ下12回の場合は77,760円、エピサロンリヴィイラは45,000円で施術が受けられます。
このようにご当地サロンのコスパは大手サロンよりも良いという結果がでました。
また脱毛方法も光脱毛なので、大手サロンとさほど時間や方法論に違いはありません。
その点においても安心して脱毛施術が受けられます。
もちろん大手脱毛サロンの施術や高級感を味わいたい、脱毛ノウハウが沢山あるサロンで受けたいということなら全国展開しているサロンを選ぶのも良いでしょう。
ただしコスパという点から見るとご当地サロンのほうに軍配が上がります。
気になる方は一度無料カウンセリングを受けてみましょう。
どんなサロンなのか、スタッフの対応もチェックできるのでおすすめします。
 

ランキングはこちら