口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

妊娠中は脱毛できない?妊娠中に脱毛を避けた方がいい理由とは

    

妊娠中は脱毛できない?妊娠中に脱毛を避けた方がいい理由とは

女性にとって一生のうちで限られた時期しか経験することが出来ない妊娠。
妊娠したばかりのころは、つわりで具合が悪くてほとんど食べられなかった、ちょっと動くと疲れやすくて大変だったなど人によっても妊娠期間中の体の変化はそれぞれですね。
おなかの赤ちゃんに思いを馳せながら、生まれてくるのを楽しみにしている人もいるのではないでしょうか?
妊娠期間中の女性に多くみられるのは、ムダ毛が増えた又は濃くなったということです。
冬に妊娠しているなら厚着をして何とかごまかすこともできますが、夏は妊婦さんも体温が上がるので薄着になる人がほとんどです。
しかし薄着になると濃くなったムダ毛が見られているのではないかという気持ちにもなるでしょう。
妊娠中、脱毛をすることはできるのでしょうか?

 

妊婦さんは脱毛が出来ないって本当?

妊娠中でもムダ毛をケアしたいという妊婦さんは非常に多いですが、残念ながらほとんどのサロンでは妊娠中の女性に対する施術を断らせていただいています。

〇それには3つの理由があります
★まず1つ目は絶対に胎児へ影響がないとは言い切れないということです。
エステサロンや医療脱毛は、光を当てて毛根の細胞を破壊したり成長因子に働きかけてムダ毛の成長を止めます。
実際おなかに光が届くのは3mm程度と言われています。
なので、絶対におなかの赤ちゃんへ影響があるという訳ではありませんが、絶対に影響がないという訳でもありません。
妊娠中の肌はデリケートな状態です。
光を当てることで肌トラブルになり易い時期でもあります。
臨床実験で赤ちゃんに絶対になにも影響がないというデータが取れているわけではなく、そもそもおなかの赤ちゃんが気になってデータを取らせてくれる妊婦さんがあまりいないということもあります。
基本的に脱毛サロンでは妊娠中の脱毛を禁止しています。

★2つ目は妊娠中、体内のホルモンバランスが妊娠前に比べて変化します。
妊娠中は妊娠維持のためのホルモンが出産まで分泌されています。
この時期に脱毛をしても、ほとんど効果は得られません。
妊娠中はホルモンバランスによって普段よりもムダ毛が濃くなってしまったり、今まで生えてこなかった場所にムダ毛が生えてしまうという変化が起こります。
ですから、このホルモンバランスが乱れている時期に脱毛しても意味がないのでお断りをしています。

★3つ目は妊娠中は体調が変化しやすいです。
体内のホルモンバランスの変化で妊娠中は体調が変化しやすい時期になります。
さっきまでは体調もよかったのに疲れてしまって具合が悪くなったということも良くあります。
施術中に具合が悪くなる可能性も考えられることから、脱毛ができないのです。

 

どのタイミングで脱毛が出来るようになる?

基本的に出産をすると今まで妊娠を維持していたホルモンが一気に減少します。
しかし出産をすると今度は母乳を作って母乳を維持するためしばらく生理は止まります。
もし産後に脱毛をしたいのであれば、生理が2回来たら脱毛を再開してもいい合図です。
生理がくると、ある程度体内のホルモンバランスが整った合図となるので、脱毛サロンとしても生理がきてから施術が可能といっているサロンが多いです。

〇他に脱毛を断られることも
・ただし授乳期間中は胸や乳輪周りや両脇は乳腺があり、母乳に影響が出てしまうということで脱毛をすることが出来ません。
脱毛が出来ません。
・また、帝王切開をした場合、傷跡付近は脱毛が出来ません。
傷あと付近い脱毛をすると痛みを強く感じることがあるからです。
妊娠中も授乳期間中も女性の肌はデリケートです。
出産後に脱毛をする際は体調を見ながら再開しましょう。