口コミや評判がいい沖縄全身脱毛サロンを一挙紹介!

大人と子ども、脱毛後のケアの違いについて

    

大人と子供で脱毛後のケアの違いは?

 

一昔前までは子どもが脱毛するなんて考えられない時代でした。
ところが最近は子ども脱毛という施術をしてくれる脱毛サロンが増えてきました。
沖縄でも色々なサロンが親子割りといった形で施術を提供している場合があります。
しかし子ども脱毛は大人と違うのでしょうか?そして脱毛後のケアは大人と一緒なのでしょうか。
そこでここではそんな疑問に答えるために子ども脱毛に関する情報と脱毛後のケアについて解説します。
お子さんと一緒に脱毛を考えている方は必見です。

 

子ども脱毛には大人と同じ2種類あるが…

光脱毛とレーザー脱毛の2種類が今の脱毛方法の主流です。
しかしレーザー脱毛は照射パワーが強いのでほとんどのクリニックでは18歳以上しか施術を受け付けていません。
子ども脱毛は光脱毛で行うのが一般的です。
光脱毛なら低刺激なので安全か、というとそうとばかりも言えません。
赤みや腫れが出ること、毛嚢炎、肌乾燥、硬毛・増毛化といった問題も発生します。
しかしこれらを避けるためにはお店選びを慎重にする、セルフケアを丁寧に行うことに注意すれば心配ありません(必ず安全とは言い切れませんが、減らすことは可能になります)。
子ども脱毛は大人と同じで目立たなくなるまではだいたい半年から1年程度でおおよそ6回、まったくなくなるまでが1年半から2年で約12回程度です。
この期間や回数はほぼ大人と同じです。
ただし子どもは成長期なので、成長に従ってまた生えてくる場合もあります。
また毛穴や毛も大人になりきっていないので、施術の効果も成長とともに半減する場合もあります。

子どもの脱毛サロン選びと施術後のケアについて

子ども脱毛を選ぶなら子ども専用コースがあることが大切です。
このようなサロンは大抵が低刺激な脱毛機(いわゆるほとんど痛みを感じないとしているもの)を使っています。
例えば光を照射するヘッドが-4度で冷却されていて、冷却しながら光を当てるので痛みが少ないものです。
またお試しで必ず施術を受けてみましょう。
そして大人と違う子どもの肌に何かトラブルが起きた時のドクターサポートがしっかりしているお店が良い脱毛サロンです。
多くの子ども脱毛が可能なサロンは、施術数も多いはずなので相談してみてどんな対応をしてくれるのか親が確認してみましょう。
そして施術が終わった後は大人と同じで化粧水で保湿、クリームを使って油分によって水分蒸発を防ぎます。
保湿することが一番の目的です。
また施術中は大人同様、必ず保湿を朝晩行うことがとても大切です。
これは普段から保湿ケアをしておくと脱毛の時にチクッとした痛みが軽減されるようになります。
炎症のリスクも格段に減ると言われています。
また注意したいのがお子さんの日焼けです。
もし脱毛を続ける必要があるなら、普段から子ども用のUVクリームなどを使って保護してあげてください。
ただし脱毛当日にUVクリームは塗らないで施術を受けるようにしてください。
施術効果が半減してしまいます。

子ども脱毛で知られている脱毛サロン

ディオーネはかなり前から子ども脱毛で知られているサロンです。
施術の送迎や同伴は必ず求められますが、痛みなし・肌ダメージもゼロと言われているハイパースキン脱毛は、親子脱毛ではかなり支持を集めている脱毛方法です。
終わった後に特製ジェルでケアをしてくれるので脱毛しながら保湿ケアが可能になります。
そこも大人と同じケアです。
しかし他のサロンと違うのがハイパースキン脱毛法を使っているのでヤケドの心配がないということです。
施術の時のジェルも冷たいジェルでなくホットジェルを使っていきます。
この方法なら肌が弱い方やアトピー(要相談)でお悩みの方、ニキビ、黒い肌の方でも脱毛が可能です。
気になる方はぜひ母娘で一度カウンセリングを受けてみましょう。
考えているより気軽に施術が受けられるはずです。

ランキングはこちら